Skip navigation

ゲームと言えば…
桃太郎電鉄の…テーブルゲーム
ファイナルファンタジー…RPG
金色のコルダ…恋愛シュミレーション
太鼓の達人…リズム
ストリートファイター…格闘

まだ沢山ありますよね。

私もゲームソフトは色々やるんですが、その中でも…

「夏に必ずやるゲーム」が一つあるんですよ

もちろん、このゲーム以外にも、「釣り」「ホラーゲーム」もやります。

でもコレだけは、必ずやりたくなるんですよ…
(7・8月くらいになると押し入れの中から探してきて、さっそくやりますね)

それは…

「ぼくの夏休み」

冬や秋に「ぼくの夏休み」をやってもイマイチやる気がしないんですよね。

やっぱり「セミの音」や「オニヤンマ」「風鈴の音」を聴きながら

少年の頃の思い出を味わいたいですね

(昆虫採集・絵日記・朝顔の観察)こんな事思い出しませんか?

こんな人にオススメデスよ
少年の頃に戻りたい
RPGは苦手、シュミレーションが好き
ぼくの夏休みシリーズをやった事がある
(PS・PS2・PSP)

ゲームをしているとタイトル画面やメニュー画面、戦闘中など常に様々なBGMがながれている。ということで過去にプレイしたゲームで音楽がいいな、と思ったものを紹介していきたいと思う。まず一つ目は「キングダムハーツ」シリーズだ。アクションRPGというジャンルなので戦闘のシーンでの激しい曲から切ない雰囲気の曲までいろいろな良曲がたくさんそろっている。作曲者は下村陽子という人で他にも「聖剣伝説 Legend of Mana」や「マリオ&ルイージRPG」など様々なゲームの音楽を手がけている。2つ目に紹介するゲームは「.hack」シリーズだ。このシリーズの音楽はコーラスなどの声が入っていてとても神秘的な曲が多い。その一方で激しく荘厳な曲も充実している。ゲーム中の挿入歌やエンディングに流れる曲等も良いものが多い。2つのゲームを紹介したがまだまだ良いBGMに恵まれたゲームはたくさんある。たまには音楽に注目しながらゲームをしてみるというのも銅だろうか。

先週久しぶりに、FPSゲームである『Battle Field4』を買ってきました!PC環境も良くなく、PS4やXBOXも持っていないのでPS3版を購入しましたが、綺麗なグラフィックで白熱したオンライン対戦を楽しんでいます。自分は「Battle Field」シリーズは『Battle Field Bad Company2』以来ということでどれくらい進化しているのか気になっていたのですが、戦闘機に乗れるようになったり、司令官モードが行えるようになったりと自由度が増していて大満足です。特にインパクトのある「Revolution」とよばれる大規模な環境変化は、戦況を変える切り札になる可能性を秘め、オンラインをさらに盛り上げることに貢献しています。「Battle Field」シリーズに総じて言えることですが、今作もDLCが充実しています。現在までで四つのDLCが公開されており、まだ最後のDLCが残っている状態です。これも今からとても楽しみですね!総じて、大満足なのですが一つだけ不満を述べるとすれば、オンライン中にフリーズすることが少し多いかなー?という気はします。せっかくの良作なのでこの点はもったいないです。ですが、それもとても気になるというほどではないので、気になっている人はぜひ買ってみることをお勧めします!

ファミコンのクソゲーの思い出を語るとほぼ確実にネタにあがる伝説のソフト「たけしの挑戦状」

たけしにまつわるゲームは他にも何本かあるが、これに関しては知ってるものなら話が尽きないほどにネタの宝庫でした。
スタートからして、キャラはたけしなんて関係ないサラリーマンだし、進めようとすると仕事はやめて離婚しないといけない。
奥さんは結構な強敵で下手すりゃ返り討ち。
資格をとっとかないと詰まるし、ゲームオーバーになると葬式。
と、他にも宝の地図がリアルに1時間放置しないと出現しない。パチンコでは玉がでないぞと2コンマイクで叫ばないといけない等。
このくらいは持ってた人とあったあったと盛り上がるんですが、これはまだ前半なんですよね。

ほぼ全ての人が日本で攻略に行き詰って遊ばなくなるんですが、ものすごく運が良いと南国の島までたどり着きます。
着いたら着いたでまた苦難が待ち受けている訳ですけど、そこからはなかなか話が通じる人にめぐりあったことがありません。

今でこそ攻略サイトなんかで簡単にわかるけど、私が買ったときは中古で説明書もなしで攻略してました。
今でもどうしてクリアできたのかわかりませんが、カセットだけは手元にあるので、機会があれば遊びたいともちょっとだけ思います。

1986年にファミリーコンピュータディスクシステムからゼルダの伝説が登場します。スパーマリオの開発者である宮本茂が、プロデューサーやディレクターとして開発に関わっています。ゼルダの伝説はアクションRPGで、謎解き要素やバトルアクション、音楽がとても幻想的で、ゲームバランスが取れており名作ゲームであると言われています。プレイヤーは、ハイラル地方から「トライフォース」を集めて、大魔王ガノンを倒し、プリンセスを救出する冒険に旅立ちます。 Read More »

1992年「ストリートファイターII」がスパーファミコンから登場しました。ストリートファイターIIは、リュウ、春麗、ダルシムなどの8人からなるキャラクターを使用することができ、その中で優勝を目指すというゲームです。各キャラクターの必殺技はとても印象深く、かめはめ波のような波動拳、北斗百烈拳のような百裂脚や百裂張り手など、パロディーのような必殺技には、親近感や驚き、話題性を感じました。ストリートファイターIIは288万本という大ヒットを記録して、その後多くの対戦格闘ゲームに大きな影響を与えています。

1994年に実写映画「STREET FIGHTER」が公開、同年アニメ映画「ストリートファイターII MOVIE」が公開、2009年実写映画「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」が公開、2014年実写映画「ストリートファイター暗殺拳」が公開されるなど、ストリートファイターはゲームを超えて人気を獲得しています。

こどものころは、近くのバッティングセンターに行って、ゲームをやってました。ハマったのはクライマークライマーというハシゴを登りながら、上からおちてくる障害物をよけるゲームでした。それとゼビウスです。これはシューティングゲームでいまおもえば、単純なゲームでした。ファミコンももちろんハマりました。 Read More »

私はドラゴンクエストが好きで、中でも一番好きなのが7のエデンの戦士たちです。
当時はPS版が最新だったと思います。
ディスクが2枚あってワクワクしました。
マリベルのわがままさにイライラしたりキーファの別れを悲しんだりと忙しかったです。
ちょうどキーファと分かれるお話の時にそこの民族の儀式の舞のシーンがすごくキレイで素敵だなあと思ったのをよく覚えています。

メルビンを仲間にしたのですが、やたらとレベルがあがっていく。
むしろパーティーの中でみるとレベルが違いすぎる…
おかしいなあとは思っていましたが、どうやら仲間にするタイミングを間違えていたようです。
キーファの子孫、アイラに気を取られすぎて忘れてました。

ガボが好きなんですが、仲間にするダンジョンが私としては難しく苦労しました。
が、2枚目のディスクを不注意で割ってしまいあまりやり込んでないうちにおさらばしました。
それでも悔しくてディスク1だけは結構やり込みましたが「ディスク2に交換してください」の文字が出るたび悔しくなります。

私の子供時代はリカちゃん全盛期!リカちゃんが誕生して、誰もがリカちゃんを持っていた時代。
私のうちにもリカちゃんは存在していて、三人姉妹でいつも遊んでいた。
物語を作って、仮想の家族を作って、着せ替えを楽しんだり、いつも一緒で寝る時も隣に置いて…。
そんなリカちゃんは、50年近く経った今も衰えることなく人気のオモチャ。 Read More »